どの子にも、どの子にも、どの子にも……

 

大きな安心と、たっぷりした幸せを。

尾松純子 プロフィール

 

 

幼い子どもたちからお年寄りまで、様々な場に出向いて、生の声で語る昔話や物語を届けている。「心をつなぐことば」「心を育てることば」を見つめ、歩み続けている。

 現在「おはなし夢夢」を主宰し、おはなし勉強会、大人向け・子ども向けの語りの会などを精力的行う一方、保育園、幼稚園から大学、PTA、教師の研究会、児童館、図書館、老人ホームなどでも語っている。

 又、各地の社会教育講座において、読書、語り手養成、子育て等の指導や児童文学講座講師としても活躍中。

 立教小学校非常勤講師

      エッセー集 「物語に心澄ませて」

      「おはなし夢夢の手袋人形」1~4

      オリジナル・パネルシアター下絵集等